にわかに人気になってきているのがHMBサプリメント。

筋トレなどトレーニングをしている人にとって、筋肉増強の作用があるとして注目を集めています。

また最近では、シュガリミットのようなダイエットをサポートしてくれるサプリにも使用されていますよね。
シュガリミットについては【私はシュガリミットの口コミで発見した「痩せる飲み方」をマネしただけなんです。】を読んでくださいね。

そんなHMBですが、最も効果的な飲み方というものはあるのでしょうか?

いつ飲めば1番良いタイミングなのでしょうか。

HMBサプリメントの力を最大限に引き出す飲み方をすれば、もっと効率的に筋肉増強をすることができますよね。
いつ飲むのか、またどのくらいの期間飲むのかが重要になってきますよね。

どのくらいの期間飲むべきなのかは【HMBを飲む期間は最低2ヶ月!】を読んでくださいね。

HMBはサプリメントなので、健康食品の仲間です。

ですから、いつ飲んでもタイミング的には問題ありません。

しかし、推奨されるタイミングというものはあります。

それは、筋トレ前、筋トレ中の摂取、そして筋トレ後、就寝前などです。

商品によって推奨のタイミングは異なっています。

ですが、筋トレ前に飲むことが最も効果的な飲み方だと言われています。

筋トレ前や、筋トレ中にHMBを飲む場合、トレーニングによって筋繊維が傷つき、その傷が修復されるタイミングで元の状態より大きく太く変化するのが筋肉の仕組みになっています。

HMBは、吸収効率が良いので、筋トレ前や筋トレ中の飲み方によっては筋肉の分解を抑制してくれると言います。

多くのHMBサプリメントが、筋トレ前に飲むことを推奨しているのはこのためでしょう。

もし飲むタイミングに迷った場合は、筋トレ前に飲むと良いでしょう。

また、筋トレ後に飲むのも良い飲み方です。

筋トレすると筋肉が疲労し、分解が進みますから、そのタイミングでHMBサプリメントを摂ることで筋肉分解を抑制してくれます。

さらに食後にHMBサプリメントを飲むのが良いと推奨しているのは、胃酸の影響を最も受けにくいからだと言われています。

トレーニングをしない日などは、HMBを食後に飲むと効果的です。

HMBは筋トレをしない日でも飲むのが、おすすめです。

また就寝前のHMBの飲み方は、何故良いとされているのでしょうか。

それは筋肉の修復にはアミノ酸が必要で、就寝中は長時間アミノ酸の供給が止まります。

あらかじめ、たっぷりアミノ酸を補給しておきたいので、就寝前にHMBを飲むことで筋肉の修復をスムーズに行い、筋力アップが実現します。

HMBの飲み方としては、主に1日3グラムが目安です。

メーカー推奨の量を飲むのがベストでしょう。
ただ、基本的な量としては1日3グラムなので、用量は守るようにしましょう。

またタイミングに迷った場合、プロテインを飲むタイミングに合わせても良いです。

飲むタイミングを色々と説明してきましたが、最も大切な飲み方は、1日3回に分けて飲むということです。

4時間から6時間ごとに摂取するのが理想的だとされています。
1日1グラムのHMBを3かいにわけ、5時間おきに飲むと考えれば良いでしょう。

トレーニングをしない日でも、HMBサプリメントは飲むようにしましょう。

プロテインに足りない成分を補う目的があるHMBなので、たんぱく質を毎日摂取しなければならないのと同様です。

プロテインもトレーニングをしている人は、休息日にはしっかり飲むようにしましょう。

休息日のHMBの飲み方としては、寝起き直後、昼食後、そして晩御飯の後もしくは寝る前がベストです。

筋肉量が増えるためには筋肉の合成が筋肉分解を上回る必要があります。

ですから休息日でもHMBを飲むべきなんですよ。

飲み方はプロテインと一緒に飲んでも良いですし、水もしくは白湯で飲んでも良いです。
ジュースなどは避けたほうが良いでしょう。