HMBというサプリメントを知っていますか?

3-ヒドロキシイソ吉草酸という物質で、最近の1996年アイオワ州の教授によって発見されたものです。

最近日本でも話題になってきていますよね。

HMBのサプリメントは、運動しない日でも飲むべきなのでしょうか?

まずは、運動しない日に飲むべきを知る前に、HMBサプリのことを再確認しておきましょう。

HMBサプリメントは比較的新しいサプリ!

特に欧米では、様々な成分のサプリメントがはんばいされています。

欧米では国民の半分にあたるおよそ1億3000万人がサプリメントを摂取しています。
新しい成分で問題が起こっても、アメリカ食品医薬品局がすぐ対応してくれます。

そのため、サプリメント文化が発達しているんですよ。

欧米で開発されたサプリメントが、日本にも輸入されてきますが、タイムラグがあり、噂になっているHMBもそのサプリメントの1つです。

アメリカでは、2000年初頭に若干ブームになったサプリメントで、日本では2009年に販売解禁になりました。

気になるHMBの成分は、筋肉を作るのをサポートし、筋肉の守り神のようなサプリメントです。

国際スポーツ栄養学会では、2013年に声明を出しており、HMBには9つの効果があると言われています。

主な所でまとめてみると、筋肉の分解を抑制する、筋肉強化をサポートする、体の機能の向上を見込むことができる、トレーニングをしつつ摂取すると体脂肪が減少するなどがあります。

またアスリートが摂取するとパフォーマンス向上やリカバリー効果があると言われています。

英語で言うとcanと表示されることが多く、多くの効果が見込まれているサプリメントです。

厚生労働省も高齢者の筋肉低下に対し、HMBの効果が認められると2015年には発表しています。

HMBサプリメントは運動しない日でも飲むべきなの?

HMBの代表的な推奨摂取量は1日3グラムと言われますが、1日の間に1グラムずつ分けて摂取するようにしましょう。

トレーニングを行う場合はワークアウトの直後に摂るようにするとおすすめです。

あとの2回は、食事と一緒に摂ると良いでしょう。
もしトレーニングを行わない日でも、朝食、昼食、夕食時に1グラムずつ摂るのがおすすめです。

HMBの効果が現れるまでは、1週間から2週間前後かかります。

ですので、最大の効果を得るためには、新しいワークアウトプログラムを開始する2週間前から摂取するのがおすすめです。

トレーニング上級者になると、HMBの効果については判断が保留されます。

ですが、トレーニングの初心者であるならば、トレーニングを軌道に乗せるためにサプリメントを探している場合、HMBを試す価値はあります。

比較的新しいサプリメントであるHMBは、飲み方が分からないという人も多いでしょう。

効果的かつ正しい飲み方を説明していきましょう。

正しい飲み方は、1日の推奨摂取量、タイミングや組み合わせなどが大切です。メーカーや種類にによっても異なるため、製品のパッケージは必ず確認する必要がありますね。

HMBの1日の摂取量は3グラムです。

運動しない日でも、1日3グラムは摂取するようにしましょう。

基本的には1日3グラムを目安に摂り入れましょう。

多少の差異はあるかと思いますが、1日3グラムの水準を守っていれば、効果が全くないとは言えません

また、摂取量が多すぎても少なくてもダメです。

筋肉量が減量する可能性があるからです。

そのため、運動しない日でも1日3グラムのHMBの摂取は必ず行いましょう。

HMBは、サプリメントなので、医薬品のように決まった時間を厳格に守って飲む必要はありません。

ただ、トレーニング後に飲むのが最も効果的です。

運動をしない日では、朝食、昼食、夕食後に飲むのがおすすめです。

筋トレ直後30分以内はゴールデンタイムと呼ばれており、損傷した筋肉を効率よく栄養を届けるためにHMBを飲むことで効果が発揮されます。

プロテイン、他のサプリメントと一緒に摂るとよりおすすめです。
HMBとプロテインの併用にんついては【HMBとプロテインの併用は最強の組み合わせ?!】も読んでください。

運動をしない日は、食後がおすすめです。
なぜなら、胃酸の影響を受けにくいタイミングで飲むためです。

吸収面から見ても、運動をしない日は、食後の服用がおすすめです。
やはり、胃酸の影響をそれほど受けないからです。

HMBを飲むタイミグはトレーニング後、そして運動をしない日には食後がおすすめとなります。